ネイチャーエンジニア Blog

全国各地で年間100箇所以上探索するフリーランスITエンジニアが、事業活動・自然を楽しむ情報を発信。


TOP | プロフィール | このブログについて


キレイなハートをもつカメムシ - エサキモンキツノカメムシ

森を歩いていると、

不思議なものが見つかることがよくあります。

 

この日も何かいきものはいないかな、と

神奈川にある森を探索していると…。

 

ん?

なにやら不思議なものが。

 

f:id:kkamedev:20171103095116j:plain

 

ハートマーク

 

なんと

 

森の中で愛を見つけました!

 

■エサキモンキツノカメムシ(カメムシ目ツノカメムシ科)

 

f:id:kkamedev:20171103095339j:plain

 

エサキモンキツノカメムシという、

ツノカメムシの仲間でした。

 

ツノカメムシの特徴である、

肩の部分が出っ張っているのが

見られますね。

 

名前の由来が面白い

エサキモンキツノカメムシを漢字で書くと、

江崎紋黄角亀虫」となります。

 

これは、

  • 江崎
  • 紋黄
  • 角亀虫

という3つの単語が組み合わさって

できている名前なんですね。

 

「江崎」は、

昆虫学者の江崎さんの名前

からきています。

 

「紋黄」は、

黄色い紋ということで、

このカメムシの特徴である、

ハートマークのことを差します。

 

「角亀虫」は、

ツノカメムシ ですね。

 

名前も分解してみると、

色々な意味が詰まっているものですね。

 

 本当に愛情深いカメムシ

エサキモンキツノカメムシは姿だけでなく、

行動にも愛が表れています

 

このカメムシのメスは、

卵を産卵すると、 

子どもが卵から孵化するまで、

卵に覆いかぶさって守る行動をとります。

 

卵を守っている時は近づいてもじっと耐え、

逃げ出したりはしません。

 

素晴らしい母の愛ですね。

 

以上、姿も中身もハートであふれたカメムシでした。