ネイチャーエンジニア Blog

全国各地で年間100箇所以上探索するフリーランスITエンジニアが、自然をもっと楽しむための情報を発信。


TOP | 自己紹介 | 運営者のアプリ・ゲーム | 運営者の本


赤とんぼの種類と見分け方。東京近郊で見られる赤いトンボたちを紹介

ナツアカネ 

赤とんぼってどんな種類がいるの?
見分け方も知りたいな!

 

こんな疑問に答えます。

 

僕はネイチャーエンジニアの亀田です。

 

年間100回以上虫探しをして、1500種以上の虫に出会ってきました。

 

晩夏〜秋の季節は、トンボがたくさん見られる季節

 

特に「赤とんぼ」は、俳句で秋の季語にもなっている動物です。

 

ところで、赤とんぼは1種類じゃないって知っていますか?

 

実は赤とんぼって、いろんな種類のトンボの総称なんですよ。

 

そんな赤とんぼを知って、見分けられるようになると、秋の季節をさらにもう少し、楽しむことができます

 

というわけで今回は、

 

  • 赤とんぼの種類
  • 赤とんぼの見分け方

 

をお伝えしていきます。

 

 

 


■ 目次

 

赤とんぼってどんなトンボ?

f:id:kkamedev:20180807161123j:plain

赤とんぼというと、

 

体の赤いトンボ…

 

ではなく。

 

正式にはトンボの中の、「アカネ属」というグループのトンボのことを言います。

 

そのアカネ属のトンボですが、その中には赤くないトンボも含まれます

 

また逆に、アカネ属以外のトンボにも、赤いトンボがいます

 

このあたりで薄々感じた方もいるでしょう。

 

赤とんぼって、とっても紛らわしいんです。

 

さらに言うと、赤とんぼは成熟すると赤くなる種類がいます。

 

そのトンボたちは、秋になると真っ赤になり、実は夏などの期間は赤くないのです。

 

また、赤くなるのはオスだけ

 

もうわけがわからないよ!

 

全くその通りだと思います。

 

というわけでまとめると、赤いトンボの条件はこんな感じです。

 

  • 赤くなる種類のトンボである(アカネ属かどうかは関係ない)
  • 成熟したトンボ
  • オスのトンボ

 

この記事ではシンプルに、「赤くなるトンボ=赤とんぼ」と呼ぶことにします。

 

アキアカネとナツアカネの見分け方

赤とんぼの代表種といえば、「ナツアカネ」と「アキアカネ」。

 

まずこの2種を見分けてみましょう。

 

もしかしたら、名前を聞いたことがある方もいるかもしれません。

 

平地で見られる最も一般的な赤とんぼです。

 

秋の季節、はねが全部透明の赤いトンボを見かけたら、まずこいつらを疑ってください。

 

でも、こんな代表種でありながら、見分けはいきなり困難を極めます。

 

ナツアカネ

ナツアカネ

 

アキアカネ

アキアカネ


違いが全然分かりません笑

 

この2種は、「胸部の側面の模様」で見分けます。

ナツアカネとアキアカネの違い

左がナツアカネ、右がアキアカネ。

 

赤い丸で囲ったところに注目してください。

 

  • ナツアカネは黒い線が途中で途切れる
  • アキアカネは黒い線が長く伸びる

 

という違いがあります。

 

識別ポイントはアゴ部分にもあるのですが、これは捕まえて顔を下側から見ないと分かりません。

 

胸部の側面の模様」の差は微妙なのですが、これが写真で判定する最も有効な識別ポイントなのです。

 

この識別ポイントは、これから紹介する他の赤とんぼの見分けにも大活躍します。

 

なので、赤とんぼを写真に撮るときは「胸部の側面の模様」も撮るようにしましょう。

 

ちなみに、アキアカネは「長距離移動」という習性で知られています。

 

春に平地で生まれた後、夏の暑い間は山に移動し、秋になると平地に戻って繁殖活動を行うのです。

 

垂直方向に1,000m以上も移動します。

 

こんな習性を持つ虫はなかなか珍しいのです。

 

この習性も、識別に役立てることができます。

 

夏に平地でアキアカネかナツアカネか迷うトンボを見つけたとします。

 

夏にアキアカネは平地にいないはずなので、それはナツアカネということになるのです。

 

では、東京近郊でよく見られるその他の赤とんぼを紹介していきます。

 

アカネ属の他の赤とんぼ 

マユタテアカネ 

マユタテアカネ

変な名前のトンボですが、この名前の由来は「顔に眉のような紋があること」。

 

しかし実は、他にも同じ特徴を持つものがいて、この特徴だけでは特定できません。

 

というわけでやっぱり「胸部の側面の模様」で見分けます。

 

マユタテアカネは、「目立った黒い帯がないこと」が特徴です。

 

また、オスの尾の先端は上方向に反っているのも識別ポイントになります。


ノシメトンボ

ノシメトンボ

ノシメトンボもやはり「胸部の側面の模様」で見分けます。

 

特徴は「真ん中の黒条が太くて、端に達すること」です。

 

また、個体差がありますが体色が他の赤とんぼよりもくすんだ赤色になります。

 

見つけると、「弱ってんのかな?」と思って覗くことが多いですが、そんな時はこのノシメトンボの場合が多いです。


コノシメトンボ

コノシメトンボ
またまた「胸部の側面の模様」で見分けます。

 

特徴は「黒条が逆U字型になること」です。

 

ノシメトンボよりサイズは少し小さいです。

 

似た印象の赤とんぼが多く、ちゃんと側面を見ないと見分けづらいトンボです。


ミヤマアカネ

ミヤマアカネ
この赤とんぼは、はねの模様で見分けることができます。

 

はねに帯がある他のトンボと違い、はねの帯模様の先端が透明になっていること。

 

実はコフキトンボという別種が似たような帯模様を持っているのですが、ミヤマアカネの方が帯が太いことで見分けられます。

 

この帯模様が目立つので比較的識別しやすいです。

 

アカネ属以外の赤とんぼ

ウスバキトンボ

ウスバキトンボ
キトンボ」の名の通り、他の赤とんぼと比べて体が黄色〜オレンジ色です。

 

何よりも一番の見分けポイントは「とまり方が違うこと」。

 

他のトンボは水平に止まりますが、このトンボは斜めにしがみつくようにとまります。

 

上の写真でもがっしりしがみついています。


ショウジョウトンボ

ショウジョウトンボ オス

正式には赤とんぼとは呼ばないトンボですが、赤とんぼ以上に赤いトンボです。

 

顔まで真っ赤になるトンボは他にいません

 

もはや、体から赤い色がはねに溢れ出してしまっているくらいです。

 

このトンボは初夏の頃あたりから、真っ赤な姿で飛び出しているので、気づきやすいと思います。

 

ちなみに、真っ赤になるのはオスで、メスは黄色っぽい色です。

 

メスの写真は↓


ショウジョウトンボ メス

ショウジョウトンボ メス


ベニトンボ

f:id:kkamedev:20180903215753j:plain
おまけで一種類、南の島の赤とんぼを紹介します。

 

その名も「ベニトンボ」。

 

もう、赤いのを通り越して紫っぽくなっちゃってます。

 

炎も赤より青い方が温度が高いって言うし、赤とんぼを超えた赤とんぼなのでしょう。

 

僕は今のところ、こいつより赤いトンボを見たことはありません。


おわりに

  • 赤とんぼは正式には「アカネ属」のトンボのこと
  • アカネ属に関係なく赤いトンボは赤い
  • 赤とんぼの多くは「胸部の側面の模様」で見分ける

 

をお伝えしてきました。

 

ここまで読んでいただいた方はお分かりだと思いますが、赤とんぼの見分けはとても難しいです。

 

特徴的で分かりやすいものから、1種ずつ見分けて行きましょう

 

見分けられるようになると、同じ場所でもいろんな赤とんぼがいることを知ることができます。

 

そうすると、赤とんぼに出会えた時、

 

「この赤とんぼは何トンボかな〜」

 

と、秋をより楽しく過ごせますよ!

 

では、また。

 

虫の識別に役立つテクニック」「おすすめ図鑑」などを紹介している、こちらの記事も合わせてどうぞ↓

>> 見つけた虫を識別したい!虫の名前を調べる3つの方法

 

他の虫の魅力も知りたい!」という方はこちらの記事をどうぞ↓

>> 「かわいい・きれい・かっこいい」虫を知ろう!魅力的な昆虫まとめ