ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

高い飛翔能力を持つ昆虫ハンター「トンボ」の特徴と種類を紹介

オオシオカラトンボ

トンボってかっこいい!

トンボには他にどんな種類がいるの?

こんな疑問にお答えします。


ネイチャーエンジニアの亀田です。


トンボは大型で、とってもかっこいい昆虫。


英語でも「dragonfly(ドラゴンフライ)」と言い、なんとも少年心をくすぐられる名前です。


かっこいいのは名前だけではありません。


その姿や生態もとってもかっこいいトンボたち。


今回はそんな面白いトンボについて紹介します。




 

トンボの特徴と魅力

今回は「トンボ目」というグループの仲間たちを紹介します。


トンボ目には、

シオカラトンボ
赤トンボ
イトトンボ
ヤンマ類

と、実に様々な種類の仲間が含まれます。


僕が考える、トンボの魅力は大きく2つ。

1. スタイリッシュなシルエットと美しいはね
2. 高速移動で獲物を狩る、肉食昆虫


1. スタイリッシュなシルエットと美しいはね

トンボの仲間は細長く、スタイリッシュな姿が印象的です。


そのトンボのシルエットは特徴的で、あまり他の虫と間違うことはありません。


実はアミメカゲロウ目というグループに、「ヘビトンボ」「ツノトンボ」といった名前の虫たちがいます。


細長い姿をと大きなはねを持つ姿は、確かにトンボに似ています。


ヘビトンボ

ヘビトンボ


※この写真では似ていることが分かりづらいかもしれませんが笑


しかし、そのスタイリッシュなシルエットと飛翔力に注目すれば、トンボとその他の虫の違いは一目瞭然。


そのスマートな体型と高速移動について、トンボに並ぶものはいないのです。


また、トンボの姿を観察する際は美しいはねにも注目。


あまり一般的には知られていないものも多い気がしますが、トンボのはねには実に多彩な色のものがいます。


真っ黒なはねを持つハグロトンボ

ハグロトンボ


青いはねを持つチョウトンボ

チョウトンボ


こんな美しいはねを持つトンボたちは特別な虫ではなく、ごく身近にいるトンボたちなんですよ!


2. 高速移動で獲物を狩る、肉食昆虫

トンボはただ美しいだけではありません。


もう1つの特徴的な姿は、肉食昆虫であること。


代表的なトンボのオニヤンマは、あの名高いスズメバチをも狩ることのある、まさに「ハンター」なのです。


狩りに役立つのが、何と言ってもその飛翔能力


さらに急加速・急停止ができ、スピード勝負においては間違いなく昆虫界の中でトップクラスに君臨します。


実際に観察していると、飛びながら急に速度が上がったり、急にストップする様子が見られます。


ただ、おかげでトンボ類(特になかなか止まってくれないヤンマ類)の写真を撮影するのはとても苦労します


彼らに出会ったら、ぜひその飛翔能力にも注目してみてください!

トンボの種類

青いトンボ

ヤンマ類」「赤トンボ」を除くと、代表的なトンボの姿というと、以下のような青いトンボたちではないでしょうか。


シオカラトンボ

シオカラトンボ


オオシオカラトンボ

オオシオカラトンボ


シオカラトンボもオオシオカラトンボも、公園や田んぼ、ちょっとしたため池などで見られる身近なトンボたちです。

赤トンボ

代表的なトンボたちの1つが赤トンボたち。


夕焼け小焼け♪」の童謡でも馴染み深いですね。


しかし赤トンボにも実は様々な種類が!


アキアカネ

アキアカネ


ミヤマアカネ

ミヤマアカネ

ベニトンボ

ベニトンボ


さらに様々な種類がいる赤トンボについて、以下の記事で詳しく紹介しています。


最強の攻撃力を持つハンター「ヤンマ」

ヤンマ類は大型のものが多く、迫力のあるトンボたち。


その攻撃力と飛翔能力で、スズメバチをも捉えるほど。


彼らは昆虫界の最強ハンターたちです。


ギンヤンマ

ギンヤンマ


オニヤンマ

オニヤンマ


細い姿のイトトンボ類

」の名がつく通り、とっても細い体を持つトンボたち。


しかしよく姿を観察すると、その姿は繊細で美しい姿をしていることに気付くはず。


大型のトンボたちとはまた違った、可憐な姿が印象的です。


アオモンイトトンボ

アオモンイトトンボ


モノサシトンボ

モノサシトンボ


特徴的な姿のトンボ

他にも特徴的な姿を持つトンボたちがたくさんいます。


コシアキトンボ

コシアキトンボ

白黒の体を持つトンボ。ちなみにメスは黄色と黒色です。


チョウトンボ

チョウトンボ

青く輝くはねを持ち、チョウのようにヒラヒラと舞います。


ハグロトンボ

ハグロトンボ

真っ黒のはねを持つトンボ。他のトンボたちと比べて林の中などの日陰が出会うことが多いです。

おわりに

今回はトンボについて紹介しました。


日本では普通にあった田んぼや湿原などは、昔と比べて減少してしまいました。


上記のような環境を好むトンボたちにとっては影響は大きく、見られづらくなっているトンボたちもいます


それでも彼らはちょっとした水たまりや、残っている水辺を使ってたくましく生きています


そんな彼らトンボの姿を、ぜひ優しく観察してみてくださいね!


まだまだ魅力的な虫たちがたくさん!そんな彼らの記事は以下でまとめています↓


合わせて以下の記事もどうぞ↓

虫の名前を知りたい!

見つけた虫を識別したい!虫の名前を調べる3つの方法

虫を楽しむための情報・グッズを知りたい!

虫を楽しむ情報・グッズまとめ【本、アプリ、グッズなど】


では、また。


>> 「虫」カテゴリーの記事一覧を見る