ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

オンブバッタはおんぶ姿がかわいい小さなバッタ【おんぶの意味と理由を紹介】

オンブバッタ

あ、オンブバッタだ!

そういえばオンブバッタって、なんでおんぶしてるの?

こんな疑問にお答えします。


オンブバッタはその名の通り、おんぶする行動が特徴的なバッタ。


おんぶは仲むつまじく見える行動で、とってもかわいらしい姿ですよね。


しかし実は、彼らの「おんぶ」はただ仲が良いからしている行動ではありません。


彼らが今後も生き残り、繁栄していくために必死に行なっている習性なのです。


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。


そんな虫好きの僕が、オンブバッタの特徴と魅力、おんぶ行動の理由を紹介します。




 

オンブバッタはおんぶ姿がかわいい小さなバッタ

オンブバッタ

オスは2cm程度の小さなバッタ

オンブバッタはかなり小型のバッタです。


オスで2cm程度の大きさです。


どれくらい小さいかと言うと、僕の小指の指先の1関節が2.5cmほど。


なので、大人の小指の1関節分よりも小さいんですね。


そんな小さなバッタが植物の葉先にちょこんと乗っているもんですから、とってもかわいいのです。


また他のバッタと比べてジャンプ力も弱く、あまり遠くまで飛ぶことができません


そんな非力な感じも可愛らしいバッタです。

おんぶ姿が面白い【身長差カップル】

オンブバッタは名前の由来にもなっている、「おんぶ姿」が特徴的なバッタです。


オンブバッタの特徴的なおんぶ姿
オンブバッタ


いやー、素晴らしい親子愛…


ではないのです。


実は写真の2匹のオンブバッタは親子ではなく、カップル


下にいるのがメスで、上に乗っているのがオスなのです。


最初にオンブバッタの大きさを紹介する時にあえてオスと説明したのですが、それはオスとメスの大きさが全然違うからだったのですね。


ちなみに、メスはオスの2倍以上の大きさがあります。


オンブバッタのカップルは超・身長差カップルなのです。


ちなみにオンブバッタの子供(幼虫)の姿はこちら。


オンブバッタの幼虫
オンブバッタ 幼虫


昆虫ははねが生えそろうことで成虫になります。


上の写真のオンブバッタはまだはねが短く、生えそろっていないので子供のオンブバッタということになります。


昆虫の成長については、以下の変態の話で紹介しています↓


オンブバッタはなぜおんぶするのか?

ではオンブバッタのカップルはなぜ、「おんぶ」しているのでしょうか?


それはメスを他のオスに取られないように、メスの上に乗って守っているため、と言われています。


メスを守るオス
オンブバッタ


なぜなら虫たち(野生動物)の世界では、子孫を残すための競争が過酷なのです。


例えば、オスは一度メスとの交尾に成功したらそれで安心、というわけではありません。


虫の種類によりますが、ライバルのオスの精子をかき出したり、食べたりしてしまうものがいるのです。


なので虫たちは自分の子孫を確実に残すために、ずっと交尾をしているようなものもたくさんいます。


オンブバッタの場合は、その体格差があるからのためか「ペアになったメスに乗って行動を共にする」という方法を選びました。


このように、オンブバッタのカップルの「おんぶ」はただ仲が良いからしているわけではないのですね。


むしろ、それだけライバルが多く、子孫を残す競争が激しいことを意味するとも捉えられます。


彼らの見かけた時は、ぜひおんぶ姿をじっくりと観察してみてください!




オンブバッタに近い種類の虫たち

ショウリョウバッタ

ショウリョウバッタは、オンブバッタに非常によく似たバッタです。


オンブバッタによく似たショウリョウバッタ
ショウリョウバッタ メス


しかし明らかに違うのが、その大きさ


オンブバッタとは対照的に、ショウリョウバッタはバッタの中でも非常に大きなバッタ。


特にショウリョウバッタのメスは、国内のバッタでも最大級の大きさを誇ります。


また、彼らはオンブバッタとは違い、バッタらしいジャンプ力を持ちます。


オンブバッタとフォルムは似ていますが、その脚(あし)の力強さは大分印象が違うので、ぜひ見比べてみてください!


ショウリョウバッタの魅力は以下で紹介していますので、ぜひご覧ください!


おわりに:オンブバッタのおんぶ行動を虫視点で観察してみよう!

オンブバッタは小さな姿とおんぶする行動が相まって、とてもかわいらしいバッタです。


記事で紹介したおんぶ行動のように、人間の視点で見るのと、虫たちの視点で見るのではかなり印象が変わることがあります


僕らが普段「かわいい!」と言っている行動は、実は彼らにとっては命がけの行為かもしれないんですね。


なので虫たちからの視点でも観察をしてみると、新たな発見に繋がったり、学びになったりするかもしれませんよ!


以下の記事では昆虫観察の始め方や、観察に役立つ道具を紹介していますので、ぜひご覧ください!


合わせて以下もお読みください↓

「他の虫の紹介」を読みたい方はこちら!

虫の魅力紹介まとめ【甲虫目、チョウ目など分類ごとに紹介】