ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

カワガラスは渓流で出会える野鳥!スズメ目で唯一潜水ができる

カワガラス

渓流に来たら、茶色い鳥がいた!

この鳥ってどんな鳥?

こんな疑問にお答えします。


写真の鳥は、カワガラス


カワガラスはきれいな水が流れる川などに生息する、渓流で見られる代表的な鳥


僕は山の河原などを訪れたら、「カワガラスがいるかもしれない」とついついチェックしてしまいます。


カワガラスは渓流に特化した生活をしているだけあって、他の鳥たちとは違う特技を持っていたりもするんですよ!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な野鳥に出会ってきました。


そんな鳥好きの僕が、カワガラスの特徴と魅力を紹介します。




 

カワガラスは渓流ならではの鳥

渓流に生息する

カワガラスは山地の川沿い(渓流)に生息する鳥で、このような場所に行くと、結構高い確率で彼らと出会えます。


渓流に生息するカワガラス
カワガラス


渓流が近くにある場所に住んでいればお馴染みの鳥になるのだと思いますが、普段平地に住んでいると、あまり出会う機会はない。


そのため、僕にとってもカワガラスは「山に出掛けると出会える」というワクワクを感じさせてくれる鳥で、渓流に行くとついつい探してしまう鳥です。


体はちょっと大きめで、ムクドリと同じくらい。


大きな体の割に尾羽が短くて、寸胴な印象です。


また、脚は川底を歩けるように、結構がっしりとしています。


ちなみに、カワガラスは短い尾羽を真上に上げる可愛らしい仕草をよくすることも特徴的。


尾羽を真上に上げるカワガラス(幼鳥)
カワガラス 幼鳥


観察しているとちょこまかとよく動くし、とってもチャーミングな行動をとる鳥なのです!

カラスの仲間ではない

名前に「カラス」がつきますが、カラスのグループの仲間ではありません


その由来は、「全身が黒っぽいこと」だそう。


川に住むカラスのような黒い鳥=カワガラス」となったようです。


スズメ目の分類を見ると、カワガラス科はヒタキ類やツグミ類に近縁である模様。


実際にカワガラスに出会うと、確かに声や仕草などヒタキ科の鳥に近しい印象を受けます。



スズメ目で唯一潜水ができる鳥

カワガラスはずっと渓流に生息しているだけあって、ならではの特技があります。


それは「潜水」。


カモカイツブリといったグループの鳥たちは潜水をしますが、カワガラスは水鳥の分類でないにも関わらず、潜水を行うことができる鳥なのです。


どうやらスズメ目の鳥の中で潜水をするのはカワガラスだけのようで、日本野鳥の会の記事では「スズメ目唯一の潜水士」と紹介されています。


僕にも、カワガラスの潜水にまつわるエピソードがあります。


ある時山の渓流で、カワガラスがどこからか飛翔してきた時のことでした。


カワガラスは水辺スレスレを直線的に飛ぶので、着地点を追いやすい。


なので、近くの岩場に着地したのが分かりました。


ところが、一瞬目を話した隙に「あれ、いない!?」となって姿を見失ってしまいました


「飛んでいったにしても、そんな気配は感じなかったのに…。」と思っていると、突然川からカワガラスが姿を現したのです。


そう、カワガラスは得意の潜水をしていたのでした。


このように、カワガラスは着地した後もちゃんと観察をしていないと、姿を見失ってしまいがち。


姿を見失いがちなカワガラス
カワガラス


彼らを見つけたら、目をそらさずにそのユニークな行動を観察しましょう!

カワガラスと同じ分類に属する鳥たち

スズメ

カワガラスはスズメ目カワガラス科に属する鳥。同じ分類の鳥たちを以下で紹介しています。


[スズメ目]
スズメ目の野鳥まとめ|美しい声を持つ鳥類最大のグループ

[カワガラス科]


おわりに:渓流でカワガラスを観察してみよう!

カワガラスは、渓流で見られる野鳥の代表種。


渓流で見られる野鳥は他にもいますが、カワガラスはその中でもかなり渓流に特化した鳥だと思います。


渓流に行ったらぜひ彼らを探して観察してみてくださいね!


そのほかのおすすめ鳥紹介記事↓

■ メジロ

メジロ 桜


他の鳥の紹介、鳥ゲーム・アプリ、野鳥観察、用語解説などに関する記事はこちらから↓

鳥に関連する記事まとめへ