ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

ユウゲショウとヒルザキツキミソウの特徴と魅力【名前と違う咲き方をするカップ型の花】

ヒルザキツキミソウ

カップ型のかわいい花!

この花ってどんな植物なの?

こんな疑問にお答えします。


ネイチャーエンジニアの亀田です。


写真の花はヒルザキツキミソウという植物。


ピンク色のカップ型の花をつける、とってもかわいらしい植物です。


ユウゲショウに似た花をつける、ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)というものもいます。


それにしても、どちらもちょっと変わった名前ですよね。


これらの名前は、彼らが花を咲かせる時間帯が関係しています。


花を咲かせる時間帯にも、植物の魅力が隠されているのです!


というわけで、今回はユウゲショウとヒルザキツキミソウの特徴と魅力を紹介します。




 

ユウゲショウとヒルザキツキミソウとは?

ユウゲショウとヒルザキツキミソウはアカバナ科マツヨイグサ属の植物。


ユウゲショウ(アカバナユウゲショウ)

ユウゲショウ


ヒルザキツキミソウ

ヒルザキツキミソウ


ともに北アメリカ原産の帰化植物(日本で野生化した植物)


河原や草地などを好みますが、身近な公園のような環境でもよく見られます。


どちらも面白い名前の植物ですが、その話は後述します。

ユウゲショウとヒルザキツキミソウの魅力

僕が思う、ユウゲショウとヒルザキツキミソウの魅力は大きく2つ。

1. 大きなカップ型のかわいい花
2. 名前と違う咲き方をする?


1. 大きなカップ型のかわいい花

ユウゲショウとヒルザキツキミソウは、どちらも大きなカップ型の花をつけます。


ピンク色であることもあいまって、とってもかわいらしい雰囲気。


彼らはもともと観賞用に輸入されたもの。


しかし現在は様々な場所で野生化しているので、見た目によらずたくましい花たちなのでしょう。


また、カップの中を覗くとハムシなどのゲストが訪れていることも。


ちなみにハムシは以下のような小さな甲虫。

コガタルリハムシ


大きな花を持つ彼らは、人だけでなく虫にとっても魅力的な花なのかもしれません。

2. 名前と違う咲き方をする?

ユウゲショウもヒルザキツキミソウも面白い名前を持っています。


漢字で書くと、以下の通り。

・ユウゲショウ = 夕化粧
・ヒルザキツキミソウ = 昼咲月見草


これは花が咲いている時間帯が由来。


特定の時間帯に咲き、それ以外の時間はしぼむ習性を持ちます。


名前からすると、ユウゲショウは夕方、ヒルザキツキミソウは昼に開花。


…のはずなのですが、実際はそうではないのが不思議。


まず、ユウゲショウは多くが朝一から咲いています。


朝7時台に撮影したユウゲショウ

ユウゲショウ


さらに、あろうことかむしろ夕方にしぼむことが多いという…。


しぼんだユウゲショウ

ユウゲショウ


名前との食い違いが不思議です。


原産地では違うなど、地域による違いなどがあるのでしょうか。


また、ヒルザキツキミソウも「昼咲」のはずが、朝一でも夕方でもよく咲いています。


やっぱり名前と違う咲き方をするのかー」…と思ったら、実は僕の解釈違い。


月見草」と呼ばれる同じ属のマツヨイグサは夕方〜夜に咲きます。


それに対し、ヒルザキツキミソウは昼「にも」咲く、ということが由来のようです。


つまり、「昼も夜も咲いている月見草」という名前だったのですね!


昼も夜も花を咲かせるヒルザキツキミソウ

ヒルザキツキミソウ


生き物は、名前と実物が一致する点や違う点を確認することも、観察の1つの楽しみ方だと思います!

おわりに:ユウゲショウとヒルザキツキミソウの花が咲く時間を観察してみよう!

今回はユウゲショウとヒルザキツキミソウについて紹介しました。


記事内でユウゲショウとヒルザキツキミソウの咲く時間帯に触れましたが、実際多くの個体を観察してみると新たな発見があるかもしれません。


ぜひ実際に観察をしてみて、植物の不思議に触れてみてください!


まだまだ魅力的な植物たちがたくさん!そんな彼らの記事は以下でまとめています↓


合わせて以下の記事もどうぞ↓

植物観察の魅力は何?

植物観察が面白い3つの理由【面白いのは動物だけではない】

野草・野花を見分けたい!

野草の識別にオススメの図鑑「花のおもしろフィールド図鑑」


では、また。


>> 「植物」カテゴリーの記事一覧を見る