ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

ハムシ(葉虫)の種類と魅力|植物と共生する昆虫たち。宝石のような姿の種も

コガタルリハムシ

よく葉っぱの上に色とりどりの小さい虫がいるけど、これってどんな虫?

こんな疑問にお答えします。


葉っぱの上にいる色鮮やかな小さな甲虫の正体。


それは、ハムシ(葉虫)です。


ハムシはその名の通り、それぞれが特定の植物と寄り添いながら一生を過ごします


また、ハムシの姿は種類によって全く異なり、ユニークな姿のものもたくさんいるんですよ。


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。


そんな虫好きの僕が、ハムシの特徴と魅力を紹介します。




 

ハムシ(葉虫)の特徴と魅力

アカガネサルハムシ

ハムシ科は、コウチュウ目というグループに含まれる科。


僕が考える、ハムシ科の昆虫たちの魅力は大きく2つ。

1. 多彩でユニークな姿【宝石甲虫と呼ばれるほど美しいものもいる】
2. 植物と共生する習性【植物を見回るのが楽しくなる】


1. 多彩でユニークな姿【宝石甲虫と呼ばれるほど美しいものもいる】

ハムシは日本だけでも何百種類もいて、種類によって実に多彩な姿をしています

・宝石のようにキラキラしたもの
・トゲトゲだらけのもの
・鳥の糞のようなもの
・宇宙人のような姿のもの

このように個性的な種がたくさん!


トゲトゲした姿のトゲハムシ

トゲハムシの仲間


こんなユニークな姿をしている彼らは本当に身近な場所にいて、様々な姿の彼らとの出会いはワクワクするのです。

2. 植物と共生する習性【植物を見回るのが楽しくなる】

冒頭でお伝えした通り、ハムシは特定の植物に依存して生活します


例えばイタドリルリハムシであれば、イタドリという植物の葉を食べます。


イタドリの植物につくイタドリハムシ

イタドリハムシ


ハムシの中には、見た目が似ているものも多いのですが、この食草(※)が識別の大きなヒントになります。


特定の植物に依存するものが多いので、先ほどの「イタドリハムシ」のように、名前に食草の名前が入っているものもいます


※ 食草については以下で解説しています↓


このように虫が積極的に活動する春〜秋のシーズン、植物ごとに様々な種類のハムシたちが見つかります。


ハムシの存在を知ると、身近な場所の葉の裏を見て回るのがとっても楽しくなるのです。




ハムシの種類

コガタルリハムシ

コガタルリハムシ

先ほど食草の例で紹介したハムシです。


この種はギシギシに集まります。


3月頃から活動する、春一番に見られるハムシです。


数が多く、ギシギシにかなり密集して集まるので見つけやすいと思います。


彼らが見られるようになると、もうすぐ本格的な春が来るなあ、と感じさせてくれるのです。

イタドリハムシ

イタドリハムシ

名前の通り、イタドリにつくハムシです。


赤と黒の模様がとっても鮮やかで綺麗。


赤黒の斑紋や色には変異があり、赤っぽかったりオレンジっぽかったりするのも面白いです。


ハムシ類の中では大型なので、目立ちます。

ウリハムシ・クロウリハムシ

ウリハムシ

クロウリハムシ

以前別の記事で紹介した、ウリを食べるハムシです。


野菜を食べるので害虫扱いされてしまうことが多いですが、葉を食べる時に円状の跡を残したり(トレンチ行動)、観察すると面白いハムシです。

ヘリグロテントウノミハムシ

ヘリグロテントウノミハムシ

テントウムシにそっくり!


でもよく見ると、テントウムシにはない長い触角があります。


こちらは他のものに姿を似せる「擬態」というもので、以下の記事でも紹介しています↓


ヒイラギ、ネズミモチ、キンモクセイなどにつきます。

アカガネサルハムシ

アカガネサルハムシ

虹色のとっても美しいハムシ!


宝石昆虫という呼び名にピッタリの姿ですね。


しかしブドウにつくため、野菜を育てている立場の方からは害虫とされている虫なのです。

トゲハムシの仲間

トゲハムシの仲間

体中トゲトゲした、異色な姿の虫。


こんな姿の虫も、実はハムシの仲間です。


足まで真っ黒なので、クロルリトゲハムシクロトゲハムシだと思います。

トホシクビボソハムシ

トホシクビボソハムシ

他のハムシたちと比べると細長い体型のハムシ。


トホシとは「10個の星」のことで、背中の10個の斑紋を指します。


しかし個体変異で星がない個体もいて、名前通りでない姿の場合も。


クコの植物につきます。

ムシクソハムシ

ムシクソハムシ

体も小さく、一瞬「ゴミ?」と思ってしまう姿のハムシです。


虫の糞やゴミに擬態して身を守っているのだと思われます。


それにしても、なんともかわいそうな名前。


かわいそうな虫の名前ベスト5くらいには入ると思われます。

イチモンジカメノコハムシ

イチモンジカメノコハムシ

丸型かつ透明で、まるでUFOのような姿の不思議なハムシ。


上の写真は成虫の姿なのですが、面白い姿をしているのは成虫だけではありません。


以下は幼虫の姿。

イチモンジカメノコハムシ 幼虫


脱皮殻を隠れみのにしているのも不思議な姿ですが、それだけでなく成虫とは全然違うトゲトゲだらけの姿というギャップ。


カメノコハムシは不思議だらけで興味の尽きない虫です。

ハムシをもっと知る【ハムシの図鑑】

ハムシは小さな虫ながら、実に多様で面白いものが多いんですよね!


一方で類似種もたくさんいるので、識別が難しい虫たちでもあります。


そこでハムシの識別に役立つのが「ハムシ ハンドブック」。


ハムシに特化した図鑑です。


この図鑑では識別点が分かりやすく記載されていて、僕も大変お世話になっている本です。


また、ハムシは色彩や斑紋の変異も多い虫ですが、それについても記載されています。


見分けにとっても役立つし、美しいハムシたちがたくさん紹介されているので、とってもおすすめですよ!

ハムシ(葉虫)と同じ分類に属する虫たち

カブトムシ

ハムシはコウチュウ目に属する虫。同じ分類の虫たちを以下で紹介しています。


[コウチュウ目]
甲虫目(コウチュウ目)の昆虫まとめ|頑丈なはねを持つ昆虫最大のグループ


おわりに:ハムシ(葉虫)の面白い個性を観察してみよう!

ハムシは特定の植物につくものが多い、面白い虫です。


よく似た姿をしているのに、好みの植物は種によってバラバラだったりするんですね。


彼らはとっても小さな虫ですが、それぞれが面白い個性を持っていて、観察に飽きない虫ですよ!


以下の記事では昆虫観察の始め方や、観察に役立つ道具を紹介していますので、ぜひご覧ください!


合わせて以下もお読みください↓

「他の虫の紹介」を読みたい方はこちら!

虫の魅力紹介まとめ【甲虫目、チョウ目など分類ごとに紹介】