ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

虫の魅力紹介まとめ【甲虫目、チョウ目など分類ごとに紹介】

ヤマトタマムシ

とってもきれいな虫!

他には、どんな魅力的な虫がいるの?

写真の虫は、ヤマトタマムシという昆虫。

 

昆虫は最も種類数の多い動物と言われており、日本でも3万種の昆虫がいます。

 

実際に近くの公園のような場所でも、たくさんの素敵な虫たちに出会うことができます。

 

このように、実は身近な場所にも魅力的な虫たちは数多く暮らしているんですよ!

 

僕はネイチャーエンジニアの亀田です。

 

年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。 

 

そんな虫好きの僕が、色々な昆虫たちの魅力を紹介します。

 

※現在記事構成を工事中。随時整理していきます。

 

昆虫の分類について

生き物たちには分類のルールがあり、そのルールにもとづき細かく分類されています。

 

」「」と言った言葉は、分類ルールにおけるグループの単位です。

 

分類ルールの用語について詳しくは以下をご覧ください↓

  

色々な昆虫の魅力紹介

甲虫目(コウチュウ目)

甲虫(コウチュウ)目は、日本では1万種以上が含まれる、昆虫最大のグループ

 

共通する特徴としては、固くて頑丈な前ばね(前翅(ぜんし))があります。

 

代表的な昆虫としては、カブトムシヤマトタマムシなど。

 

昆虫の王様カブトムシ

カブトムシ 

虹色に輝くはねが美しいヤマトタマムシ

ヤマトタマムシ

 

共通する特徴があるとはいえ、最大のグループなだけあって、虫たちの姿や習性は様々。

 

そんな彼らの特徴や魅力を、以下の記事で紹介しています↓

  

鱗翅目(チョウ目)

鱗翅目(チョウ目)は、5,000種ほどが含まれるグループで、チョウが含まれています。

 

共通する特徴としては、はねに鱗粉を持つこと。

 

鱗粉は毛が変化したもので、水を弾いたり、はねを鮮やかに見せる効果があります。

 

代表的なチョウ ナミアゲハ

ナミアゲハ

高級絨毯のような模様を持つトビイロトラガ

トビイロトラガ

 

そんな彼らの特徴や魅力を、以下の記事で紹介しています↓

  

膜翅目(ハチ目)

膜翅目(ハチ目)は、日本では4,500種ほどが含まれるグループで、ハチアリなどの昆虫が含まれます。

 

共通する特徴としては、はねが膜状になっていること。

 

代表的な昆虫としては、スズメバチミツバチなど。

 

産卵管を強力な毒針に変化させたスズメバチ

ヒメスズメバチ

人間の生活にも身近なミツバチ

セイヨウミツバチ

 

このグループの虫には、群れの中で役割分担をする「社会性」を持つ昆虫が含まれるのも特徴的です。

 

そんな彼らの特徴や魅力を、以下の記事で紹介しています↓

 

半翅目(カメムシ目)

半翅目(カメムシ目)は、日本では3,000種ほどが含まれるグループで、カメムシセミヨコバイなどの昆虫が含まれます。

 

共通する特徴としては、鋭い口吻(こうふん)を持っていること。

 

この口吻を獲物にストローのように刺して、植物の汁や体液を吸うのです。

 

宝石のように美しいキンカメムシ

アカスジキンカメムシ

鳴き声に個性のあるセミ

アブラゼミ

ひょうきんな姿を行動を持つヨコバイ

クロスジホソサジヨコバイ

 

そんな彼らの特徴や魅力を、以下の記事で紹介しています↓

 

直翅目(バッタ目)

直翅目(バッタ目)は、バッタキリギリスコオロギなどの昆虫が含まれます。

 

ここに含まれる多くの虫は、脚(あし)が発達していて、高いジャンプ力を持っています。

 

高いジャンプ力を持つバッタたち

トノサマバッタ

夏〜秋の季節をにぎやかにしてくれうキリギリスたち

キリギリス

 

このグループの虫には、その鳴き声で夏〜秋の季節をにぎやかにしてくれる虫が多いのも特徴的です。

 

そんな彼らの特徴や魅力を、以下の記事で紹介しています↓

 

双翅目(ハエ目)

双翅目(ハエ目)は、日本では6,000種ほどが含まれるグループで、ハエアブなどの昆虫が含まれます。

 

共通した特徴としては、一部のはねが退化して平均棍(へいきんこん)という棒状の形になっていること。

 

双翅目という名前も、基本的に昆虫は4枚のはねを持つのに対し、上記の理由でこのグループの虫の多くがはねを2枚しか持たないことが由来です。

 

人に嫌われがちな吸血性のアブ

アカウシアブ

大きいけどか弱いガガンボ

キリウジガガンボ

 

人の血を吸うタイプの虫も多いので、嫌われ者の多いグループでもあります

 

しかし、彼らには分解者という自然を守る役割を持つ虫も多く含まれていて、それはもちろん人間の生活にも貢献しているんです。

 

そんな彼らの特徴や魅力を、以下の記事で紹介しています↓

 

魅力的な昆虫:「トンボ」編

トンボ

コシアキトンボ

トンボと言えば、何と言っても高い飛翔能力を持つ昆虫界きってのハンターたち。

 

そんなトンボたちの特徴と魅力を以下の記事で紹介しています。

 

赤とんぼ

ナツアカネ

赤とんぼは、秋を彩る虫たち。

 

赤とんぼって、1種類のトンボじゃないって知っていますか?

 

  • 赤とんぼってどういうトンボのこと?
  • 赤とんぼの種類と見分けかた

 

を以下の記事で紹介しています。

 

魅力的な昆虫:「カマキリ」編

カマキリ

オオカマキリ
カマキリも秋がシーズンの虫です。

 

カマキリは国内最強レベルの昆虫ハンター

 

その戦術や種類について、以下の記事で紹介しています。

 

魅力的な昆虫:「その他」編

ハエトリグモ(蠅捕蜘蛛)

マミジロハエトリ メス

小さい体に大きな瞳を持つハエトリグモ

 

こちら実は昆虫ではないですが、彼らは日本だけでも100種類以上いて、実に多彩な魅力を持つ虫です。

 

以下の記事では、そんなハエトリグモの特徴や仲間たちを紹介しています。

 

小さい虫

ミドリグンバイウンカ

虫めがねを通さないとよく見えないような、小さい虫たち。

 

意識しないと見過ごしてしまうような虫たちにも、たくさんの魅力があります。

 

しかもすぐ身近にいる虫たちなんだからもったいない!

 

以下の記事では、そんな小さな虫たちの魅力を紹介しています。

 

昆虫の魅力を虫の種類ごとに読む方法

本記事では、昆虫の分類ごとに魅力を紹介しました。

 

今回紹介した記事を辿っていくことで、色々な虫の魅力を見ることができます。

 

ただ、「特定の虫に関連する記事を読みたい」といった時に、記事を辿っていく必要があって面倒ですよね。

 

アプリ「見つけた!昆虫図鑑」では、

・虫の検索
・個別の虫ごとに関連する当ブログの記事を見る

などができますので、こちらもぜひご活用ください。

f:id:kkamedev:20180714123115p:plain f:id:kkamedev:20180714123127p:plain

 

また、虫の魅力については今後も随時追記していきます。

 

読者登録すると、新しい記事が投稿された時に通知がされるようになりますので、ぜひご活用ください↓

 

おわりに:色々な昆虫を観察しよう!

昆虫は、最も種類の多い生物と言われています。

 

だから、身近な場所でも実にたくさんの昆虫たちに出会えるんですね。

 

そこで面白い虫たちとの出会うのはもちろん、新たな興味を発見したり、その土地の魅力を再発見することにもつながるんです!

 

僕も昆虫観察を始めてから、20年以上住んでいた地元探索をしたら、シロスジコガネに出会いました。

 

シロスジコガネ

シロスジコガネ

 

実は子供の頃に地元で過ごしていた時、シロスジコガネは毎年当たり前のように見られる虫だったのですが、彼らは実は海や川など水辺近くでしか見られない虫だったのです。

 

こんなふうに、昆虫観察は長年住んだ場所であっても、新たな発見をすることもできる趣味なのです。

 

あなたも昆虫観察で、身近な場所をさらに楽しみませんか?

 

以下の記事では昆虫観察の始め方や、観察に役立つ道具を紹介していますので、ぜひご覧ください!

 

合わせて以下もお読みください↓

「筆者のプロフィールや活動」を知りたい!

ネイチャーエンジニアの自己紹介