ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

鮮やかな美しき電気虫「イラガ」の特徴と種類を紹介

クロシタアオイラガ 幼虫

トゲトゲの綺麗な幼虫がいる!

この幼虫ってどんな虫の幼虫?

こんな疑問にお答えします。


ネイチャーエンジニアの亀田です。


写真の幼虫は、イラガというガの幼虫。


実はこの幼虫は「電気虫」とも呼ばれる虫で、刺されるととっても痛い毒針毛を持っています。


観察をする時はちょっと気を付けなくてはならないイラガですが、彼らの姿はどれも個性的で面白い!


というわけで、今回はイラガの特徴と種類について紹介します。




 

イラガの特徴と魅力

僕が考える、イラガの魅力は以下。

・美しい模様のトゲトゲ毒幼虫【電気虫】


美しい模様のトゲトゲ毒幼虫【電気虫】

イラガが特に特徴的なのが、幼虫の姿。


イラガの幼虫は、以下のように鮮やな色を持ち、美しい姿をしているものが多いです。


クロシタアオイラガの幼虫

クロシタアオイラガ 幼虫


ヒロヘリアオイラガの幼虫

ヒロヘリアオイラガ 幼虫


アカイラガの幼虫

アカイラガ 幼虫


どの幼虫も、複雑で個性的なデザインをしています。


しかし注意しなくてはならないのが、彼らの毒針毛


イラガに刺されると、電気が走ったかのような激痛に襲われるとのこと。


僕は実際に刺されたことがないので体験談はお伝えできませんが、刺された時の痛みからイラガは「電気虫」とも呼ばれています。


ちなみに以下もイラガの幼虫。


ウスムラサキイラガ

ウスムラサキイラガ 幼虫


丸くて無害そうな姿ですが、この幼虫でさえもみな毒針毛を持っているのです。


このように、幼虫時代は強力な毒針で身を守っているイラガたちですが、成虫になるとトゲがなくなり随分スッキリした姿になります。


クロシタアオイラガ 成虫

クロシタアオイラガ


さらに彼らは成虫になると姿だけでなく、毒もなくなります


ドクガと言うグループのガたちは成虫になっても毒を持っているものもいますが、イラガは大人になるとすっかり丸くなってしまうのですね。


このように、イラガはその美しい姿と毒針毛に注目です!(観察する時は触れてしまわないように注意)

イラガの種類

クロシタアオイラガ

クロシタアオイラガ 幼虫

幼虫はイラガの中でも、特にたくさんの色を使っていてカラフル。


成虫になると毒もなくなり、姿も幼虫の時と比べて随分スッキリします。

クロシタアオイラガ


ヒロヘリアオイラガ

ヒロヘリアオイラガ 幼虫

全身トゲだらけの幼虫。


ちなみに上は終齢幼虫で、もう少し若い頃の幼虫は以下のような感じ。

ヒロヘリアオイラガ 幼虫

背中の模様が複雑で美しいです。


成虫の姿は、ほかのアオイラガと似ていますが、はねの縁の茶色い部分が幅広いです。

ヒロヘリアオイラガ


アカイラガ

アカイラガ 幼虫

可愛らしいツノが生えた幼虫。


体はゼリー状で不思議な感じです。


名前の通り、成虫の姿は赤系の色になります。

アカイラガ


ウスムラサキイラガ

ウスムラサキイラガ 幼虫

山地に生息するイラガ。


※近似種にムラサキイラガというものもいますが、特徴・見つけた場所などからおそらく本種


無害そうな丸い形の幼虫ですが、しっかりと毒針毛があります。


成虫は以下のような姿です。

ウスムラサキイラガ


おわりに:刺されないように気を付けながらイラガを観察しよう!

今回はイラガについて紹介しました。


イラガの幼虫はとっても美しい姿をしています。


彼らの毒同様、その美しい姿も彼らが身を守るための戦術なのかもしれませんね。


これらの生き残るための知恵を観察するのも楽しみ方の1つ。


彼らを見つけたら、毒針に刺されないように気を付けながら、ぜひその戦術を観察してみてくださいね!


まだまだ魅力的な虫たちがたくさん!そんな彼らの記事は以下でまとめています↓


合わせて以下の記事もどうぞ↓

虫の名前を知りたい!

見つけた虫を識別したい!虫の名前を調べる3つの方法

虫を楽しむための情報・グッズを知りたい!

虫を楽しむ情報・グッズまとめ【本、アプリ、グッズなど】


では、また。


>> 「虫」カテゴリーの記事一覧を見る