ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

サビキコリは錆色のコメツキムシ!虫観察初心者におすすめの昆虫

サビキコリ

あ、なんか茶色い虫がいる!

この虫って、どんな虫?

こんな疑問に答えます。


写真の虫の名前は、サビキコリ


コウチュウ目コメツキムシ科」というグループに属する昆虫です。


名前も変わっているし、姿も他のコメツキムシよりもずんぐりむっくりな体型。


そんなちょっと個性的なコメツキムシであるサビキコリは、実はとっても身近な昆虫。


虫観察初心者におすすめの昆虫でもあるのです!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。


そんな虫好きの僕が、サビキコリの特徴と魅力を紹介します。




 

サビキコリは錆色のコメツキムシ

鉄が錆びたような姿

サビキコリは名前に「サビ」とつく通り、「鉄が錆びたような姿」を持つコメツキムシ科の昆虫。


鉄が錆びたような姿のサビキコリ
サビキコリ


サビキコリは体が太めで、丸みのある体系をしています。


他のコメツキムシの仲間は細長く尖ったものが多いので、他のコメツキたちよりもずんぐりむっくりした印象。


また他の昆虫たちと比べると動きも緩慢で、カメラを近付けて撮影しても素早く逃げるようなことはほぼありません。


しかし、だからこそ「他の虫たちと比べて観察しやすい」という嬉しい面も。


僕が観察初めの頃は、今ほど虫が見つけられない上に、小さな虫の写真もブレてうまく撮影できませんでした。


しかしこのサビキコリは、そんな頃でもじっくりと観察と撮影をさせてくれたものでした。


そのため、僕は個人的にサビキコリにはかなり思い入れがある昆虫なのです。

コメツキジャンプも習得済み

コメツキムシの仲間は、ある得意技を持っています。


それは「コメツキジャンプ(※僕の造語です)」。


コメツキムシの仲間は、体を裏返しにひっくり返されると「パチン」という音とともにジャンプして、体の向きを正すという技を持っているのです。


種類によってそのジャンプ力は違うのですが、びっくりするほどに高くジャンプする奴もいます。(体の大きなものは高くジャンプできない傾向あり)


全体的に動きが緩慢なコメツキムシたちですが、ひっくり返された時は、普段からは想像できないほど早い反応速度を見せることも。


もちろんサビキコリも、このコメツキジャンプを習得済み。


普段大きな動きをしないイメージのサビキコリですが、ギャップのある特技も持っているのです。




サビキコリは身近な場所で見られるきこり昆虫

サビキコリには「樵(きこり)」という言葉が入っています。


実際の由来は不明のようなのですが、その言葉からは、”森の奥に住んでいる”というイメージを持たないでしょうか。


ちなみにWikipediaでは、きこりは以下のように説明されています。

樵(きこり、木樵)とは、森林の樹木を斧などにより伐採すること、もしくはそれによって生計を立てている者を指す。樵夫(しょうふ)や杣夫(そまふ)ともいう。


引用: 樵 - Wikipedia


しかしながら実際には、サビキコリは「林縁(森や林の周縁部)」で出会えることの方が多い昆虫です。


以下のように、背丈の低い草花の上で見つかることがよくあります。


葉の上にいたサビキコリ
サビキコリ


サビキコリの成虫は樹液のほか、花粉や花の蜜を食べるようです。


僕の経験上では樹上で見かけるよりも、草や花の上で見つけることが多いです。(樹上ではほかに目立つ昆虫がいたり、隠蔽擬態(いんぺいぎたい)の効果で見つけにくいのかもしれません)


このように、サビキコリは見た目の印象と異なり、森の奥まで入らなくても見られる身近な昆虫なのです。


僕の手持ちの図鑑「日本の昆虫 1400」では、”コメツキムシの中で最も普通種”とも書かれていました。


サビキコリは、「とても身近なきこり昆虫」だったのです!


こんなに面白い特徴を持つ虫が身近に見られるなんて、とても嬉しいことですね。


また、サビキコリが見られる季節は「春〜秋」と、長い期間観察可能。


観察しやすさという面でも、虫観察初心者におすすめの昆虫なのです!

サビキコリと同じ分類に属する虫たち

カブトムシ

サビキコリはコウチュウ目コメツキムシ科に属する虫。同じ分類の虫たちを以下で紹介しています。


[コウチュウ目]
甲虫目(コウチュウ目)の昆虫まとめ|頑丈なはねを持つ昆虫最大のグループ

[コメツキムシ科]


おわりに:サビキコリをじっくりと観察してみよう!

サビキコリはユニークな上に、とっても観察しやすい虫です。


ちょっとした林があるような公園があれば見られるはずなので、近くの公園などに出かけて、ぜひその可愛らしい姿を観察してみてください!


そのほかのおすすめ虫紹介記事↓

■ ダンダラテントウ

ダンダラテントウ


他の虫の紹介、虫ゲーム・アプリ、虫観察、用語解説などに関する記事はこちらから↓

虫に関連する記事まとめへ