ネイチャーエンジニア Blog

全国各地で年間100箇所以上探索するフリーランスITエンジニアが、自然をもっと楽しむための情報を発信。


TOP | 自己紹介 | アプリ・ゲーム | 


見つけた虫を識別したい!虫の名前を調べる3つの方法

f:id:kkamedev:20180531233236j:plain

 

ネイチャーエンジニアの亀田です。

 

虫は種類がとても多い生き物です。

日本では、名前が分かっている昆虫は3万種もいると言われています。

こんな多様な虫の名前を調べるのは大変苦労しますよね。

 

「虫の名前を調べたいけど、どう調べたら良いのか分からない」

「似た虫が多くて、特定することまでたどり着けない」

 

そんなあなたへ、初級者向けの虫の名前を調べる方法をお伝えします。

 

僕は全国各地を旅して様々な虫に出会いましたが、出会った虫は自分の勉強も兼ねて自力で調べてきました。

 

その数、1500種類以上

 

僕が散々試行錯誤して身につけた、虫の名前に辿り着く3つの方法を伝授します!

 

 

1. 図鑑で調べる

生き物の名前を調べると言えば、図鑑

これは昔からある、最も王道なツールと言えるでしょう。

 

でも実は!

図鑑にはそれぞれに個性があって図鑑選びって結構「選ぶ目」が問われます。

 

なぜなら図鑑は人が作ったもの。

作者の強みが顕著に図鑑に現れるのです

 

例えば、チョウ類が得意な人はやっぱりチョウ類の掲載数が多いですし、外に出て写真を撮る方の図鑑は生体写真にこだわっていたりします。

逆に、学術寄りの図鑑は標本写真が多いです。

 

これから僕がオススメする図鑑は、以下の観点で図鑑を選びました。

  • 掲載種数がある程度多い
  • 種を見分ける為の情報が素人でも分かりやすく書かれている
  • 値段が手頃(高いものは数万円します)

 

3冊紹介します。

 

(1) フィールドガイド 身近な昆虫識別図鑑(誠文堂新光社)

この一冊は初心者に優しい図鑑です。

 

専門的な図鑑って「専門用語が多くて、説明が難しいー」と感じることないですか?

 

この本では、1種の虫をいろんな角度の写真で識別点を説明してくれたり、識別点を専門用語をあまり使わずに解説してくれます。 

 

また、「甲虫」や「カメムシ」など、そのグループの特徴の解説もあります。

 

入門書としてピッタリの本です!

 

 

(2) ポケット図鑑 日本の昆虫 全2巻(文一総合出版)

外に出かける時に持ち歩くのにピッタリの本!

 

コンパクトなだけでなく、1、2巻揃えると1400種と充実の掲載種数です。

 

特にトンボ・カメムシの種数がかなり豊富です。

このあたりのグループの虫は、この後に紹介するWebサイトでの検索よりも使いやすいのではないでしょうか。

 

識別ポイントもしっかり情報量があります。

僕も識別の際、あみだくじ形式の虫検索表よく利用させてもらっています。

 

このシリーズは持っていて損はしないと思います。

 

 

(3) イモムシ ハンドブック 全3巻(文一総合出版)

イモムシ好き必携の一冊です。

 

なぜなら、幼虫の情報ってなかなか見つからないんです…

そもそも幼虫の図鑑ってほとんどなくて、僕がもう一冊持っている幼虫図鑑は25,000円程します。

 

このシリーズはチョウ類だけではありますが、かなり多くの種類のイモムシを紹介してくれています。(いつかチョウ類以外の幼虫の図鑑も出して欲しい…)

 

なので手頃な価格で多くの種類のイモムシが見れるこの図鑑はとってもお買い得なんです。

 

ちなみに、毛虫の毒あり/なしも掲載されているので、気をつける毛虫の情報も分かっちゃいますよ!

 

 

2. Webサイトで調べる

Webサイトの強みは、何と言っても無料であることでしょう。

調べる頻度が高くなると手持ちの図鑑が欲しくなりますが、単発で調べたい時は便利な手段です。

 

それと、掲載種数が多いです。

マニアックなものも見つかります。(特定するのは難しいのですが…)

本だと種数が少なくなるのは、不正確な情報は出せないからなのでしょう。

 

僕が使用しているサイトで、図鑑的にまとまっているサイトをご紹介します。

 

(1) 昆虫エクスプローラ

定番のWeb昆虫図鑑です。

 

様々な探し方に対応しており、名前での検索はもちろん、分類から探したり、見た目(色など)からも検索できます。

それに加えてユーザーインターフェースがシンプルで使いやすいです。

 

掲載写真も綺麗な画像で大きく表示されるので、じっくり見ることができます。

 

www.insects.jp

  

(2) 進化する昆虫図鑑

見たことのない虫がいて、グループはなんとなく分かる。

という時に、このサイトで調べてみるのはオススメです。

 

その理由は、掲載写真数が多いからです。

 

似ている虫をこのサイトで探していけば、どのグループの虫かは識別できてくるでしょう。

 

僕も、とにかく色んな虫を見て判断したい時にはここを利用します。

ただ、ある程度虫のグループを知っていないと探しにくいかもしれませんね。

中級者寄りのサイトです。

 

Webサイト: 進化する昆虫図鑑

 

(3) 虫ナビ

特定の種類の虫の情報を詳しく見たい!

という時に便利なサイトです。

 

他のサイトは割と写真メインですが、このサイトは解説が充実しているのです。

 

また、実は虫の種類数もかなり豊富です。

写真のフォーマットも割と統一されているので一覧化しても見やすいのもポイント。

 

さらに他のサイトよりも優れているのは、クモやムカデなど昆虫以外の情報も充実していることです。

 

Webサイト: 虫ナビ

 

3. Googleで画像検索する

ツールではなく、検索テクニックのお話になります。

 

図鑑やWebサイトでも見つからない場合、自力で検索することになります。

 

将来AIがもっと賢くなればそれをすることもなくなるのかもしれませんが、現時点では難しいです。(判定アプリなどもありますが、種レベルで判定する精度はなさそうです)

 

そんな時、僕が使っているのが画像検索

 

検索キーワードを作る

1つ目のポイントは、検索キーワードです。

 

キーワードを作るための手順は2つ。

  • 図鑑やWebサイトで外見が近い虫の「科」または「種」を特定する
  • 虫の外見的な特徴(色や模様など)を組み合わせてキーワードにする

 

出来上がるキーワードは、

「シジミチョウ オレンジ」「メイガ 白 黒い線」

などです。

 

これを入力して検索することで、探している虫が出てくる確率がグッと高まります。

 

検索結果からさらに絞り込む

検索結果をザッと眺めていると、目的の虫と似た虫が出てきます。

 

似た虫の画像をクリックして詳細を見てください。

だいたい、サイト名か概要に虫の名前が出ています

 

そしてその虫の名前で再度検索する、を繰り返していきます。

 

するとそのうち目的の虫が出てくるんですね。

似た虫比較とか、虫関連の記事で虫がたくさん紹介されていたりするんです。

 

それでも見つからなかったら 

もしここまでやって見つからなかったら、しばらく寝かせておきましょう。

 

そしてしばらくしてからもう一回やってみます。

すると、次は見つかることがあります。

 

実は、この検索経験を積んでいくと、精度が段々とあがっていくのです。

 

なぜなら「当てる経験」が増えていくと、ツールを使わなくても虫のグループの特徴が分かってくるからです。

 

昔は「ヤガ科」だと思っていたのが、今見ると「メイガ科」だな、など。

 

過去分からなかったものが分かった時は快感ですよ! 

 

おわりに

膨大な種類の虫の名前を調べるのは大変です。

 

ですが、調べる過程で虫にもっと興味が湧いたり、自分の知識が増えていくことも大きなメリットです。

 

何よりも調べる過程自体が楽しいことになり得ます。

 

ぜひ、あまり悩んだりイライラしすぎず、「楽しみながら」調べましょう!