ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

シロハラとアカハラの特徴と違い【冬に見られる紅白のお腹を持つ大型ツグミ】

シロハラ

冬鳥のシロハラとアカハラって、どんな鳥?

こんな疑問にお答えします。


シロハラアカハラ


彼らは、関東には晩秋の11月あたりから飛来してくる冬鳥たちです。


名前に付く「シロ」と「アカ」は体の「紅白」が由来です。


彼らは冬によく出会える定番の鳥たちで、地面でガサゴソとえさを探す姿がチャーミングな鳥たちなのです。


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な野鳥に出会ってきました。


そんな鳥好きの僕が、シロハラとアカハラの特徴と魅力を紹介します。




 

大型ツグミ類とは

f:id:kkamedev:20180807161123j:plain

シロハラとアカハラは「大型ツグミ類」と呼ばれることがあります。


大型ツグミ類とは、かつての分類において使われていた言葉です。(今はヒタキ科に含まれます)


かつての分類では、「ツグミ科」というのがあり、その中でさらに以下のグループに別れていたようです。

・小型ツグミ類: ジョウビタキなど
・大型ツグミ類: ツグミ、シロハラなど
・イソヒヨドリ類: イソヒヨドリなど


小型ツグミ類:ジョウビタキ

ジョウビタキ


大型ツグミ類:ツグミ

ツグミ


イソヒヨドリ類: イソヒヨドリ

イソヒヨドリ


しかし、最新の分類ではツグミ科はなくなり、「ヒタキ科」に統合されています。

シロハラとアカハラの特徴と違い

シロハラとアカハラの名前の由来は「お腹の色」。


それが2種を見分けるポイントになります。

シロハラの特徴【白いお腹】

シロハラ メス

シロハラの名前の由来である、白いお腹。


写真を見ると、ほら、こんなに真っ白!


…というほどではありません。


が、後述するアカハラとの対比で言うと、確かに白いお腹です。


ちなみに以下はオスの写真。

シロハラ オス


メスと比べて、顔が黒みがかっているのが見分けポイントです。


シロハラは11〜12月頃、海外のシベリアなどから飛来してきます。


飛来した直後は、

・樹上になっている実を食べる
・警戒心が強い鳥である

という理由から、あまりじっくり観察させてもらえません


季節が進んで木の実が地面に落ちると、低い位置に降りてえさを探します。


この時期からが観察のチャンス。


暗い林などでガサガサと木の葉をめくっている鳥がいたら、多くの場合彼らです。


また、シロハラはその鳴き声も特徴的


冬なのでさえずりではなく「地鳴き」ですが、まるで「ポポポポッ」と泡が破裂したような声で鳴くのです。


僕が最初に聞いた時は鳥の声とは思えず、あたりを見回して不思議な体験をしたような気分になりました。

アカハラの特徴【赤いお腹】

アカハラ

アカハラの名前の由来である、お腹の色。


こちらは明らかに赤いお腹をしていますね。


行動や習性はシロハラとよく似ていて、林の中でガサガサしているのも同じです。


しかし、アカハラは冬以外も日本で観察することができます


夏の間は本州の山や北海道などで過ごすのです。(海外で過ごすものもいます)


僕は北海道でアカハラを観察したことがあります。


夏に観察したので、そのさえずりを聞くことができましたが、彼らのさえずりはとてもきれい


キョロン、キョロン、チー」と非常に透き通った声で鳴きます。

シロハラとアカハラの個体数の変化【アカハラが減少】

先述したように、冬になるとシロハラとアカハラはそれぞれ以下から飛来します。

・シロハラ: 海外から
・アカハラ: 日本の北海道や亜高山帯から(+海外からも)


しかし、彼らの飛来数の比率は昔と比べて変化しているようです。


僕が関東で普段探索するスポットでは、アカハラの方が出会う頻度が少ないです。(もちろん、探索場所にもよりますが)


そういう経験をしていたので、僕はしばらく「アカハラは出会うのが難しい野鳥なのかな?」と思っていました。


しかし、探索中に出会ったバードウォッチャーの方から「昔はアカハラがもっといたが、最近はシロハラの方が多くなった」と言う話が。


そこで調べてみたら、アカハラとシロハラの分布に関する報告書が見つかりました。


この報告書によると、

自然教育園において,かつてアカハラは,シロハラと同等以上の出現率や生息数であったものが(千羽,1969;千羽,1978),その後,シロハラの半分程度(武藤,2001)となり,2003 ~ 2008 年の調査では,センサス数や捕獲数が,シロハラの 3 分の 1 以下となっている(濱尾,2011)。


自然教育園でこのような傾向を示す理由のひとつとしては,1965 年の当時に存在していた開けた場所や林縁が,その後の遷移によって樹林化し(福嶋・萩原,2013),全体的にアカハラの好む環境からシロハラの好む環境へ変化したことが考えられる。


また、最終的には以下のように言っています。

ただ,いずれにせよ,アカハラやシロハラの個体数の増減については,現段階で十分に検討がなされているわけではなく,今後明らかにすべき課題と言える。


ここ数十年での日本環境変化は、野鳥たちに何かしら影響を及ぼしていることは確かだと思うので、僕も意識しながら探索してみたいと思います。

シロハラとアカハラに関連する鳥たち

同じ分類に属する鳥たち

オオルリ

※リンクから各分類の紹介を見ることができます。

おわりに:冬はシロハラとアカハラを観察してみよう!

シロハラとアカハラは身近な冬鳥ですが、街の目立つ場所にはおらず、自然が残された林内などでないと出会えない鳥たちです。


そのため、僕も野鳥観察を始めるまでは名前も聞いたことのない鳥でした。


でもその存在を知ると、彼らは冬に出会える定番の鳥であり、毎年冬に彼らが日本に飛来するのがとても楽しみになります


このように季節の訪れを楽しみにさせてくれることも、野鳥たちの魅力。


そしてそういう鳥たちは、他にもまだまだたくさんいます。


あなたも、魅力的な彼らの観察をしてみませんか?


以下では、野鳥観察の始め方観察に役立つ知識や道具とともに紹介していますので、ぜひご覧ください!


合わせて以下もお読みください↓

「他の野鳥の紹介」を読みたい!

野鳥の魅力紹介まとめ【海外で観察した野鳥も紹介】