ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

ムシヒキアブは忍者のような狩りをする暗殺昆虫【特徴と種類を紹介】

シオヤアブ

あ、獲物を持ってる虫がいる!

この虫、なんていう虫?

こんな疑問にお答えします。


ネイチャーエンジニアの亀田です。


上の写真の虫は、ムシヒキアブ


彼らは肉食性のアブで、なんと種類によってはスズメバチをターゲットにすることも。


ムシヒキアブの面白いのは、何と言ってもその"狩り"の仕方。


アシナガバチカマキリも肉食性の昆虫ですが、彼らとはまた別の戦法を取って狩りをするのです。


というわけで、今回は肉食性アブのムシヒキアブの特徴と種類について紹介します。




 

ムシヒキアブの特徴と魅力

僕が考える、ムシヒキアブの魅力は大きく2つ。

1. 忍者のような奇襲の狩り【暗殺昆虫】
2. オスとメスでは交尾器が違う


1. 忍者のような奇襲の狩り【暗殺昆虫】

ムシヒキアブは、肉食性の昆虫


時には自分の体よりも大きな昆虫を獲物にすることもあり、そのターゲットにはスズメバチが含まれることも。


スズメバチと言えば、昆虫界でも最強クラスの肉食昆虫


オオスズメバチ

オオスズメバチ


こんな強力なスズメバチと正面からぶつかってしまうと、ケガをするリスクが高い。


それどころか逆に仕留められてしまうことも大いにありえます。


そこで、ムシヒキアブは大物の虫をも仕留めるため、狩りの仕方を工夫しています。


その狩りの仕方とは「奇襲」。


相手の不意を突き、その鋭い口吻を後ろからブスッと刺して相手を仕留めるのです。


その暗殺術はさながら忍者のようで、"暗殺昆虫"とも呼ばれる所以です。


ジャノメチョウを仕留めたムシヒキアブ

ムシヒキアブ 狩り


実際に林などを探索していると、彼らが見晴らしの良い場所に立って獲物を狙っている(探している)姿を見ます。


例えばハチ類の場合、飛翔しながら獲物を探し続ける感じなので、同じ肉食昆虫でも狩りのアプローチが全然違いますね。


思えばタカなどの猛禽類も見晴らしの良い場所で獲物を探しますが、ムシヒキアブと猛禽類の狩りの仕方が近いということなのでしょう。


ところで、このような肉食性の暗殺昆虫・ムシヒキアブは怖いと感じる方がいるかもしれません。


しかし、彼らのターゲットに人は含まれていません。


なので、自分から積極的に人を襲うことはありませんので安心してください


※アブの人を刺す・刺さないの話は、以下の記事でも紹介しています。


ちなみに狙う獲物を見ていると、ハエ類やチョウ、ガなど飛翔しているものが多いように思います。


例えばアシナガバチなど肉食性のハチはチョウ・ガ類の幼虫を狙うことが多いです。


ムシヒキアブはカメムシなども捕食するため、農家の方などにとって益虫と言われています。


しかし彼らは他の肉食昆虫や、受粉を助けるアブたちもよく仕留めているので、プラスマイナスゼロくらいなのではないかとも思います笑


彼らを見つけた際は、ぜひその狩りに注目してみてください!

2. オスとメスでは交尾器が違う

昆虫の腹の先端には、生殖行動(交尾)の際に使用する「交尾器」があります。


この交尾器が種によって形が違います。(ムシヒキアブだけでなく、トンボやクワガタなど他の昆虫も同様)


これがまるでカギのようになっていて、形が合わないと交尾できないため、別の種との交雑がしづらい仕組みになっているのですね。


ムシヒキアブは、オスとメスで交尾器に大きな違いがあります


マガリケムシヒキ オス(拳のような形になっている)

マガリケムシヒキ オス


マガリケムシヒキ メス(尖っている)

マガリケムシヒキ メス


このように、多くのムシヒキアブではオスとメスで大きく形が違うので、雌雄の見分けしやすいのです。


ムシヒキアブを見つけた時は、交尾器についても観察してみましょう!

ムシヒキアブの種類

マガリケムシヒキ

マガリケムシヒキ メス

マガリケとは変わった名前ですが、「曲がり毛」という意味。


複眼の後ろの毛が前に曲がっている特徴が由来です。

シオヤアブ

シオヤアブ

大型のムシヒキアブで、顔にサンタクロースのような長いひげがあるのが印象的です。


写真のように、オスの腹の先には白いポンポンのような毛が生えているのも面白いです。(メスにはありません)


先述したスズメバチをターゲットにするムシヒキアブが、このシオヤアブです。

オオイシアブ

オオイシアブ

全身黒い&体が太くて、なんだか"あらくれ感"のあるムシヒキアブ。


春〜初夏くらいの期間によく見られ、本格的な夏になると上で紹介したシオヤアブに主役が入れ替わるイメージです。

ハラボソムシヒキ

ハラボソムシヒキ

シャープな姿のムシヒキアブ。


繊細な感じで肉食っぽくないですが、写真のように他の虫を狩る、れっきとした肉食性のアブです。

アオメアブ

アオメアブ

緑の目を持つムシヒキアブ。


名前は「アオメ=青い目」という意味で、アオは信号の青と同様の表現ですね。


ムシヒキアブの中では、派手な色合いの種で、美しいです。

おわりに:ムシヒキアブの狩りを観察しよう!

今回はムシヒキアブについて紹介しました。


ムシヒキアブはその忍者のような狩りが特徴的。


彼らを見かけたら、ぜひ仕留めている獲物を観察してみてください!


他のアブたちは以下の記事で紹介していますので、こちらもどうぞ↓


まだまだ魅力的な虫たちがたくさん!そんな彼らの記事は以下でまとめています↓


合わせて以下の記事もどうぞ↓

虫の名前を知りたい!

見つけた虫を識別したい!虫の名前を調べる3つの方法

虫を楽しむための情報・グッズを知りたい!

虫を楽しむ情報・グッズまとめ【本、アプリ、グッズなど】


では、また。


>> 「虫」カテゴリーの記事一覧を見る