ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

シャクトリムシ(尺取虫)の成虫ってどんな姿の蛾?「シャクガ」の特徴と種類を紹介

ニトベエダシャク幼虫

シャクトリムシ見つけた!

でもシャクトリムシって幼虫なんでしょ?
大人になったらどんな虫になるの?

こんな疑問にお答えします。


シャクトリムシ(尺取虫)シャクガ科というグループのガ(蛾)の幼虫。


このシャクガ科というグループですが、とにかく種類が多い


ただでさえ種類が多いのに、幼虫の頃の姿は似ているものが多く、見分けも難しい。


ところが大人(成虫)になると全然違う姿だったりします。


種類が多い分多様性があり、様々な姿が見られるのが嬉しい虫たちです。


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。


そんな虫好きの僕が、シャクガ科の昆虫の特徴と魅力を紹介します。




 

シャクガの特徴と魅力

コヨツメアオシャク

シャクガ科は、チョウ目というグループに含まれる科。


僕が考える、シャクガの魅力は大きく2つ。

1. ヒョコヒョコかわいいシャクトリムシ(尺取虫)
2. 種類が多く、姿も多様である


1. ヒョコヒョコかわいいシャクトリムシ(尺取虫)

シャクガの幼虫時代の姿はシャクトリムシ


ちなみに「尺取」の名前は、体の中央部分を折り曲げてヒョコヒョコと進む姿から、人が親指と人差し指で長さを測る(尺を取る)ように見えることが由来です。


例えばこんな姿。


ニトベエダシャク幼虫

ニトベエダシャク幼虫


棒のような姿でヒョコヒョコとユニークな動作をする彼らは、とっても可愛らしい虫です。


ちなみに上の幼虫が大人(成虫)になると、こんな姿に。


ニトベエダシャク成虫

ニトベエダシャク


さらにシャクトリムシには特徴的な姿のものもいて、なんと猫耳のついたものもいます笑


トビモンオオエダシャク幼虫

トビモンオオエダシャク幼虫


こんな可愛らしいシャクトリムシの観察には、癒しの効果もあるかもしれませんね!


ただしそんな彼らの種類を見分けようとすると、それは結構な難題となります…。


ただでさえ木の枝に擬態していて見つけづらい上に、シャクトリムシ同士の姿が非常に似ている…。


そんな時、以下の記事で紹介しているイモムシ図鑑は、識別の一助になると思います。


しかし強力な武器である図鑑の力を借りたとしても、シャクトリムシ識別の道のりは険しい


逆にそんな識別の難しさもシャクトリムシの魅力の一つとして考え、楽しく観察するのが良いのかな、と僕は思います。

2. 種類が多く、姿も多様である

1.ですでに出ていますが、シャクガの仲間はとにかく種類が多い!


日本でのシャクガ科の種数は、日本で800種(※)ほど。

シャクガ科 Geometridae - 日本産生物種数調査 - 日本分類学会連合


そのためか、シャクガの仲間は他のグループと比べて、姿も多様


例えば、

・枯葉や木の幹にそっくりな柄のはねを持つもの
・緑色のはねを持つもの
・はねが透けているもの
・複雑で美しい模様を持つもの

など、色々な姿のものがいるのです。


以前綺麗な模様を持つ蛾たちを紹介しましたが、この中にはシャクガの仲間も多く含まれています。


そんな多様で面白いシャクガの具体的な例を、以下で紹介していきます。




シャクガの種類

擬態の得意なシャクガ

ここで紹介するものは一般的な蛾のイメージに近い姿だと思います。


シャクガの多くは枯葉や木の幹などに似た姿(擬態)していて、地味な姿のものが多いのですよね。


でも、その擬態のわざは見事なものが多いです!


オオバナミガタエダシャク

オオバナミガタエダシャク

木の幹にそっくり!


モミジツマキリエダシャク

モミジツマキリエダシャク

枯葉に紛れています!


エダシャクの仲間

エダシャク幼虫

幼虫も見事に枝に擬態!


このように、シャクガの仲間は擬態名人が多いのです!


その他の色々な擬態については、以下の記事で詳しく紹介しています↓


オシャレなシャクガ

シャクガの仲間には、ユニークでオシャレな姿のものもたくさんいます。


スカシエダシャク

スカシエダシャク

はねが半分透けているエダシャク。


トラフツバメエダシャク

トラフツバメエダシャク

トラ柄のかっこいいはねを持つエダシャク。


ツマジロエダシャク

ツマジロエダシャク

天使の羽衣のような姿のはねを持つエダシャク。


セスジナミシャク

セスジナミシャク

複雑で繊細なはね模様が美しいナミシャク。


このように、シャクガはオシャレさんの多い蛾のグループでもあります。


綺麗なはね模様を持つガたちについては、以下の記事でも紹介しています。


緑色のはねを持つ「アオシャク」

アオシャクの仲間は緑色のはねを持つものが多く、シャクガの仲間たちの中でも目立つ存在です。


コヨツメアオシャク

コヨツメアオシャク

エメラルドグリーンのような地に4つの赤い斑紋があって美しくも可愛らしい感じ。


アトヘリアオシャク

アトヘリアオシャク

コヨツメアオシャクよりも緑味が強いアオシャク。茶色の柄が渋い。

昼行性のシャクガ

ガといえば夜行性のイメージが強いと思いますが、昼行性の蛾もいます。


見た目もチョウに近い感じのものもいるんです。


シロオビクロナミシャク

シロオビクロナミシャク


小型のものが多い「ヒメシャク」

小型のものが多いヒメシャクのグループ。


ベニスジヒメシャクの仲間

ベニスジヒメシャクの仲間

ベニスジヒメシャクの仲間は似たものが多く、識別が難しい仲間の1つです。


ヒトツメオオシロヒメシャク

ヒトツメオオシロヒメシャク

こんな目玉模様のある、存在感のあるヒメシャクもいます。


冬に活動するシャクガ「フユシャク」

昆虫は変温動物なのに冬に本格的に活動する「フユシャク」という珍しいグループもシャクガの仲間です。


この仲間たちがさらに面白いのが、オスとメスで姿が全然違うこと。


フユシャクは、雌雄間の姿の違いについても注目です!


フユシャクのオスとメス

フユシャク


シャクトリムシ(尺取虫)をもっと知る方法【イモムシ・ケムシの図鑑】

シャクガの仲間はとっても種類の多いグループの虫。


それはつまり、シャクトリムシ(尺取虫)の種類も多いということ。


それだけ姿も生態も多様で、実に面白い虫なのです!


そんなシャクトリムシたちを知るのにおすすめなのが、以下の「イモムシ ハンドブック」シリーズ。


この本は数少ないイモムシの図鑑。


僕もイモムシの情報が知りたくて色々図鑑を探したのですが、成虫であるチョウの図鑑と比べて、幼虫の図鑑ははるかに少ないのです。


しかもこの図鑑は先頭ページがイモムシの一覧ページとなっており、調べたいイモムシが探しやすくなっています。


さすがに全てのイモムシは載っていませんが、シリーズ3冊を揃えると600種類以上のイモムシたちを見ることができるんですよ!


イモムシ好きな方には、ぜひオススメの本です!


その他の幼虫図鑑は以下で紹介しています↓


おわりに:多様なシャクガを楽しもう!

シャクガ科は、実に多くの種類のガが含まれるグループです。


そんな彼らは大〜小まで実に多様な姿を持っていて、数mmのとっても小さなガもいれば、10cmにもなる迫力のあるガもいます。


昆虫図鑑にも掲載されていない種もたくさんいて、だからこそ身近な場所でもワクワクするような虫探しが楽しめるのです。


あなたも、そんな多様なシャクガたちの観察をしてみませんか?


以下の記事では昆虫観察の始め方や、観察に役立つ道具を紹介していますので、ぜひご覧ください!


合わせて以下もお読みください↓

「他の虫の紹介」を読みたい方はこちら!

虫の魅力紹介まとめ【甲虫目、チョウ目など分類ごとに紹介】