ネイチャーエンジニア いきものブログ

虫・鳥などの動植物の魅力や知識など、自然観察をもっと楽しむための情報を発信します。

鱗翅目(チョウ目)の昆虫の魅力まとめ【チョウとガで構成された鱗粉を持つグループ】

ナミアゲハ

鱗翅目(チョウ目)ってどんなグループ?

このグループの虫には、どんな魅力があるの?

こんな疑問にお答えします。


鱗翅目(チョウ目)は昆虫の分類グループで、チョウとガが含まれます。


ここに含まれるのは、はねに鱗粉を持つ昆虫たちです。


あの美しいはねは、この鱗粉の働きによるものだったりするんですよ!


僕はネイチャーエンジニアの亀田です。


年間100回以上全国各地で生き物観察をし、様々な虫に出会ってきました。


そんな虫好きの僕が、鱗翅目(チョウ目)の昆虫たちの魅力を紹介します。




 

鱗翅目(チョウ目)の特徴【チョウとガで構成され、はねに鱗粉を持つ】

鱗翅目(チョウ目)は、昆虫を分類するグループの1つ。(※鱗翅目=りんしもく)


このグループは日本では5,000種ほどが含まれるグループで、チョウが含まれています。


しかし実はそのうちチョウは5%程度であり、95%はガなのです。


チョウとガの見分け方は以下の記事で紹介しています↓


共通した特徴としては、はねに鱗粉を持つこと。


鱗粉は毛が変化したもので、

・水を弾く
・空気抵抗を少なくする
・光の反射を変え、はねを鮮やかに見せる

といった効果があります。


チョウ目の昆虫たちは美しいはねが特徴的ですが、それを実現するのには鱗粉が重要な働きを担っているのです。

鱗翅目(チョウ目)の昆虫の魅力紹介:蝶(チョウ)

アゲハチョウ

チョウと言われて多くの人が最初にイメージするのが、このアゲハチョウだと思います。


最も身近なナミアゲハ

ナミアゲハ


このグループのチョウはみんな大型であり、その大きな体で空を舞う姿はとっても優雅。


そんな彼らを紹介した記事はこちらをどうぞ↓


シジミチョウ

小さくて地味なイメージもあるグループですが、実はシジミチョウの姿は実に多彩。


輝くはねを持つムラサキシジミ

ムラサキシジミ


上の写真のように、かわいい姿のものばかりでなく美しく輝く種もいることで、彼らのファンも多い虫たちなのです!


そんな彼らを紹介した記事はこちらをどうぞ↓


シロチョウ

可憐で清楚な雰囲気のものが多いグループ。


純白なはねを持つモンシロチョウ

モンシロチョウ


彼らの羽にはあまり複雑な模様は入っていませんが、代わりにシンプルな姿を生かした、花との組み合わせが楽しめるチョウなのです!


そんな彼らを紹介した記事はこちらをどうぞ↓


タテハチョウ

タテハチョウははねを閉じていると地味に見えるものが多い。


しかし、そのはねを開くと全然違うイメージの姿に!


はねを開くと綺麗な青い紋が見えるルリタテハ

ルリタテハ


このように、タテハチョウの仲間の大きな魅力の1つは、表面と裏面のギャップ


そんな彼らを紹介した記事はこちらをどうぞ↓


セセリチョウ

セセリチョウはチョウとガの中間の存在と言われるチョウです。


チョウともガとも言えない姿のセセリチョウ

イチモンジセセリ


ちょっと地味に見える彼らにも、おしゃれな模様やちょい派手なものがいたり、実は多様な仲間たちがいます!


そんな彼らを紹介した記事はこちらをどうぞ↓


鱗翅目(チョウ目)の昆虫の魅力紹介:蛾(ガ)

イラガ

イラガの幼虫は、鮮やかな美しい姿をしているものが多いです。


鮮やかな姿のクロシタアオイラガ幼虫

クロシタアオイラガ 幼虫


しかし要注意!彼らは「電気虫」と呼ばれる毒虫なのです。


ところがどっこい、成虫になると、なんと落ち着いた無害な虫になるのです。


そんな彼らを紹介した記事はこちらをどうぞ↓


コケガ

コケガのはねは、ユニークで芸術的な模様をしているものが多い。


芸術的なはね模様のスジベニコケが

スジベニコケガ


まるで人の手によってデザインされたかのような、アーティスティックなデザインです。


そんな彼らを紹介した記事はこちらをどうぞ↓


ヒトリガ

ヒトリガの幼虫は、「熊毛虫(クマケムシ)」とも呼ばれるほどインパクトのある姿をしています。


シロヒトリの幼虫は熊毛虫

シロヒトリ 幼虫


見た目はキツイ毒がありそうですが、上の毛虫は実は無毒。


先入観がなくなれば、意外と可愛く見えるものです。


そんな彼らを紹介した記事はこちらをどうぞ↓


シャクガ

シャクガの幼虫は、いわゆる尺取虫(シャクトリムシ)と呼ばれる虫。


シャクガの幼虫は尺取虫

ニトベエダシャク幼虫


特にエダシャクと呼ばれる仲間の幼虫たちは、枝ソックリ!


ちなみに、その見事な擬態能力は、成虫になっても健在です。


そんな彼らを紹介した記事はこちらをどうぞ↓


綺麗な蛾

蛾(ガ)と言うと、「怖い」「気持ち悪い」と不当な評価を受けがちですが、実は美しい種ばかり


美しい虎模様のトラフツバメエダシャク

トラフツバメエダシャク


彼らが実はとても美しく、面白い虫だということを知ってもらうべく、綺麗な蛾たちをセレクトしました。


そんな彼らを紹介した記事はこちらをどうぞ↓


鱗翅目(チョウ目)は幼虫(イモムシ・ケムシ)も楽しめる

チョウ目の虫たちは、他の多くの昆虫グループと比べて人気があり、情報も集めやすいグループです。


そのため、チョウ目の幼虫であるイモムシ・ケムシの情報も他の虫たちと比べて得られやすいのです。


ナミアゲハ幼虫

ナミアゲハ 終齢幼虫


例えば、数は多くないものの、イモムシ・ケムシの図鑑なども出版されています。


※小学館からも、図鑑が出版されています↓


これが他の虫の幼虫だと、本当に情報がなく、手がかりも掴めないことが多いんです。


逆に、チョウ目の幼虫は情報があるので、成虫以外の成長段階も楽しみやすい虫たちなのです!(それでも識別は難しいものが多いですが)


イモムシ・ケムシ(チョウ目の幼虫)については、以下の記事で詳しく紹介しています↓


おわりに:鱗翅目(チョウ目)以外の魅力的な虫たちも楽しもう!

僕たちの身の回りには、他にも魅力的な虫たちがたくさん暮らしています。


以下の記事で色々な昆虫たちの魅力を紹介していますので、ぜひご覧ください!

※アプリ「見つけた!昆虫図鑑」では、

・虫の検索
・個別の虫ごとに関連する当ブログの記事を見る

などができますので、こちらもぜひご活用ください。

f:id:kkamedev:20180714123115p:plain f:id:kkamedev:20180714123127p:plain


合わせて以下もお読みください↓

「昆虫観察」について知りたい!

昆虫観察の始め方【観察に必要な知識・道具などを紹介】